私が就職で失敗した理由

 高卒で就職した会社の業績不振で強制解雇になってしまったため、転職先を探すことになりました。今までは給料は悪くはなかったのですが、業績が不安定で、残業と休日出勤が多かったです。安定している業種につきたいと考えた私は、介護や携帯販売など、業績が安定している職種を選ぶことにしました。仕事については、多少拘束時間が長かったりハードだったりしても乗り切れる自信はありました。

 介護については、給料が低いという話をよく聞いていましたし、実際に求人などで調べても生活していける給料ではないと感じました。そこで携帯販売に絞って探すことにしました。

(Pickup)
高卒の就職は計画的に
高卒の就職を失敗しないための条件

 大きく分けると、正社員と、販売の派遣社員がありましたが、安定を求めている私は正社員として募集していることころを探しました。ハローワークで見つけた案件は、試用期間3か月で、その後正社員雇用でした。初めは時給800円でしたが、月収例を見たところ自分の年齢なら生活していけるだけの給与はもらえそうだと考えて就職しました。

 特に大きな失敗もなく仕事をしていますが、3か月を超えてもアルバイト扱いのままでした。変なことを言って会社での居心地を悪くしたくないので我慢していましたが、半年たってようやく、正規雇用への手続きをするという話になりました。結局そこからさらに2か月かかってやっと正社員です。給与も増えず、いつまでこの給料でやっていけばいいのかと思うと生活できる自信がありません。

 給与の条件については、面接時にきちんと説明を求めておくべきでした。働いてからでは遅いです。