前職を辞めるときに気をつけたいこと

なるべく円満退社を心がけましょう

 転職をする理由は人それぞれですが、勤めていた企業に対してあまり良い印象を持たずに退社をするケースは珍しいことではありません。今の待遇に満足しているのであれば、そもそも退社をする理由はないわけですから、何かしらの不満があるのは普通のことです。

 しかしながら、勤めている企業と対立姿勢を作ったまま退社をするのは気持ち的には理解できますが、実際には避けた方が良い辞め方です。企業はいろんなところでつながっていますから、以前勤めていた会社が次の取引先になる可能性もゼロではありません。ですから、ケンカなどをしてしまうと、営業回りをするときに避けなければいけなくなったり、取引先で顔を毎回合わせなくてはならなくなるなど、かなり不都合が生まれてしまいます。

紳士的な態度を心がけましょう

 社会常識という観点からも、いかに不満を持っていたとしてもそれは表に出さないのが転職活動を始める上で非常に重要なポイントです。気持ちをコントロールするのは、転職活動をする上でも重要で、面接などでどんなにキツい質問をされたとしても動じないメンタルを持つことで、人事担当者の印象がかなり良くなります。このようなストレス耐性をアピールする上でも、不満は飲み込んで仕事で見返すという考え方を持ったほうが良いわけです。